浮気かどうかの全ては本人次第

浮気かどうかの全ては本人次第

 私の考える浮気の基準を書かせていただきます。「二人でどこかに行く、飲みに行く」これで浮気確定でしょう。男と女で二人っきりは普通ではありません。必ずなにかあります。何もなくても関係はありません。結局、人を心配させるような行動をとる人は元々恋人のことを真には愛してはいないのだと思います。

 もし私のパートナーがこの浮気基準を超えるようでしたら、即日離婚します。もちろんいろんな状況があるでしょう。例えば仕事で打ち合わせで二人っきりで飲みにいかねばならない時など。でも実際「浮気」ってわかるもんなんですよね。不自然ですから。明らかに。

 もし浮気されたらとことん責任を追及するつもりです。もちろん相手も子供じゃないんだからバレたらどうなるのかはわかってることでしょう。それほどの覚悟があって浮気をするのだからこちらも相応の対応をするのは当然です。自分のパートナーではなく、浮気相手に対する対処方法ですが、私の場合はなにもしません。なぜならば浮気相手というのは別に悪くないからです。

 結局は浮気するもしないも全ては私のパートナーが決めることです。相手が誘おうが誘われようが関係はありません、決めるのはわしのパートナーなのです。それなのにいざ浮気の状況になって浮気相手の見ず知らずの人を責めるのは間違っていると思います。人間ならだれでもチャンスが掴むべきですしそれは恋愛であったり体の関係であったりさまざまです。しかし結婚して家庭を持つということはそういうことはできない責任が生まれるわけです。

↑ PAGE TOP